身長サプリにはさまざまな種類があります!

2017年現在、身長を伸ばす為のサプリメントとてもたくさんの商品種類が販売されていて、どれを選ぼうかすごく悩んでしまいますよね!
私も、子供を持つ親として、たくさんの事を調べました。その中でさまざまな変化や子供の反応などを記録し、このサイトを作っています。
子供達に協力をしてもらい、色々な目線からサプリをレビューします!成長期は一定期間しかありませんのでより良いサプリを摂ってみんなでぐんぐん!成長しちゃいましょう!

身長サプリレポート!

※ただし、身長を伸ばす為に必要なのはサプリだけではありません!
このサイトでは、栄養素を食事だけではまかなえない方の為に、栄養を補助する為のサプリメンとを紹介していますが、身長を伸ばしたい方には、栄養素の他に、ストレッチ・運動、それから良質な睡眠を取る事も同時に勧めています。詳しくはランキングの下に掲載していますので、ぜひ読んでみてくださいね!

日々のサプリレポートをブログでご報告!新着サプリも紹介します!

総合ランキング画像

効果期待ランキング画像

おいしいランキング画像

安いランキング画像

総合ランキングTOP3!2017年6月10日新着情報!

第1位!

フィジカルB:内容成分の豊富さと金額のバランスで堂々の1位!

フィジカルBサイト画像
フィジカルBは、数ある身長サプリの中でもとても人気のある商品です。粉末タイプなのですが、箱を空けるとスティックタイプになっていて、一回分を計らなくてもOK!味はマンゴーMIX味で甘くて美味しいです。そのまま瑞で飲んでも良いし、牛乳が好きな子供には牛乳がオススメ!とても美味しいですよ〜!内容成分がたくさん入っているのにも関わらず、金額が良心的なのが嬉しいです〜!  
価格: 4,980円
内容量: 4g×30包(約1ヶ月分)
 公式サイト:  http://physical-b.jp/

※レビューページはこちら

第2位!

せのびとーる:小さいお子様も安心!そして、とても美味しい!

せのびと〜るのサイト画像
せのびと〜るは、なんと味が7種類あります!ピーチ・イチゴ・グレープ・ヨーグルト・チョコレート・オレンジ・レモン!!びっくりの味の種類ですよね!サプリのタイプはタブレットタイプでおやつみたいに噛んで食べるラムネのような感じでとても美味しい!!なのに、栄養成分たっぷりで感動です!しかも初回980円のお得っぷりには感動します!
価格: 5,670円(初回980円)
内容量: 60粒(約1ヶ月分)
 公式サイト: https://senoll.com/

※レビューページはこちら

せのびと〜るの詳細ページへ

第3位!

カラダアルファ忙しい中高生にオススメ!

カラダアルファサイト画像
カラダアルファは忙しい学生さんも、ぱっと飲める錠剤タイプで時間が無くてもすぐに飲めます。ちょっと金額が高めではあるものの、内容成分は充実の納得サプリ。一ヶ月分は勧めておらず、最低でも3ヶ月続けるために3ヶ月分で購入するとさらに安くなります。成分がたくさん入っているので、詳しくは公式サイトをご覧下さい!
価格: 16,800円
内容量: 300粒×3袋(約3ヶ月分)
 公式サイト: http://www.rsl-performance.jp/

※レビューページはこちら

カラダアルファの詳細ページへ

タイプ別身長を伸ばすサプリメント一覧

粉末タイプ
商品名 金額/日(最安値) レビューを見る
フィジカルB 166円 フィジカルBの詳細ページへ
Dr.senobiru 326円 Dr.senobiruの詳細ページへ
セノビック 64.8円 セノビックの詳細ページへ
アスミール 122円 アスミールの詳細ページへ
のびのびスムージー 166円 のびのびスムージーの詳細ページへ
錠剤タイプ
商品名 金額/日(最安値) レビューを見る
カラダアルファ 173円 カラダアルファの詳細ページへ
MAX GPC α 324円 MAX GPC αの詳細ページへ
ポリカル 220円 ポリカルの詳細ページへ
トータルアップ 244円 トータルアップの詳細ページへ
タブレットタイプ
商品名 金額/日(最安値) レビューを見る
せのびとーる  189円 せのびとーるの詳細ページへ
贅沢のびるんるん 116円 贅沢のびるんるんの詳細ページへ
にこにこカルシウム 108円 にこにこカルシウムの詳細ページへ
沖縄サンゴカルシウム 46円 沖縄サンゴカルシウムの詳細ページへ
その他のタイプ
商品名 金額/日(最安値) レビューを見る
カルシウムグミ 130円 カルシウムグミの詳細ページへ

気をつけて!返金保証なし!

サプリメントの販売会社によっては、返金保証がない場合もあります。

通信販売では、クーリングオフ制度がないため、会社で独自に規約を作って、公表しているはずなので、購入の際は注意してくださいネ!

初回価格が安くても、元々の金額はあるので、試しに安く提供しているだけ。

商品自体は良い物が多いですが、味が合わないとか、子供が嫌がってしまったときにはきちんと解約する方法を調べておいてくださいね。

販売会社には非がなくても、消費者側がきちんと読まなかった事でトラブルになるケースもあるそうです。

公式サイトなどをきちんと読んで、分からない事があったら質問できるようなしっかりとした販売会社を選びましょう!

サプリメントだけじゃ身長は伸びないですよ!

このサイトに紹介したサプリを飲めば大丈夫!って安心してはいけません!

いくらたくさんの栄養を摂ったとしても、それだけでは身長が伸びると言う事にはならないのです!

身長を伸ばすにために必要なもの

①栄養素

②運動

③睡眠

上記の3項目が非常に重要と言う事を忘れないで下さい!

そして、栄養・運動・睡眠といっても、ただ単にというわけではなく、より効率的な良質なものが必要です。

身長を伸ばすための栄養素は?

やっぱり必要!カルシウム

身長を伸ばすために必要な栄養素として知られているものの一つにカルシウムが挙げられます。

カルシウムは骨の原料でもあり、新しい骨につくりかえる働きをするので、身長を伸ばすためには必要不可欠な栄養素であるといえます。そのため、10代のカルシウムの1日の摂取量は、20代以降の摂取量よりも多く設定されています。これは10代が最も骨が成長する時期だからです。給食でも牛乳や小魚などカルシウム含有量を多く含んでいる食材を出す学校は多いのではないでしょうか。

給食の画像

現代の日本人は、世界の国の中でも、カルシウム摂取量は少ないと言われているので、しっかりと意識をして摂取したいところですね。

しかし反対にカルシウムの過剰摂取はNGです。

食事だけで過剰摂取には至りませんが、サプリメントの摂取には十分な注意が必要です。

過剰摂取により倦怠感や嘔吐を引き起こしたり、高カルシウム結晶という病気にもなりえます。 身長を伸ばす方法として必要な栄養素であるカルシウムですが、カルシウムだけ取っていればよいというわけではありません。カルシウムを摂取しても、カルシウムは単体では活動することができません。

calciumの画像

マグネシウムを忘れないで!

カルシウムを効率よく活動させるためには、マグネシウムの摂取が必要となります。どちらかの摂取が多すぎたり少なすぎたりしても、体内のバランスが崩れ不調をきたすともいいわれています。 マグネシウムを必要とする理由は、マグネシウムがカルシウムの吸収を調整する働きをするからです。

理想的な摂取のバランスは、カルシウムが2に対して、マグネシウムが1です。カルシウムばかりを摂取していても、必要のないものは体外に排出されてしまいます。体外に排出されれば、身長を伸ばすことはできないので、マグネシウムの摂取についても、しっかりと意識をするようにしましょう。

野菜の画像

ビタミン類も大切な栄養素

摂取したカルシウムが骨に吸着するのを促すビタミンDも必要です。さらにビタミンDは、腸からカルシウムを吸収する働きを補助する役目もあります。

カルシウムだけでは吸収が難しいですが、ビタミンDを摂取することで、その吸収を促すことができます。またビタミンKも骨にカルシウムを吸着させる働きや、カルシウムが骨から離れるのを防ぐ働きがあります。

そのほかにも、成長ホルモンなどを形成してタンパク質の合成を促進させる亜鉛や、カルシウムやマグネシウムとともに骨を形成する大切な栄養素であるリン、成長に間接的に働くアミノ酸の一つであるアルギニンなども、身長を伸ばす方法として欠かせない栄養素と言えるでしょう。

注目のアルギニン!

アルギニンは、身長を伸ばす効果があるといわれ、近年注目されている成分の一つです。アルギニンが配合されている身長を伸ばすサプリメントは多く販売されています。

豚肉の画像

そもそも、この成分の効果としては、背を伸ばす効果ではなく、成長ホルモンの分泌を促す作用があるといわれています。

成長ホルモンとは、子供の成長を促進させる働きがあります。

成長ホルモンによって、子供の骨を伸ばすだけでなく、筋肉や皮膚など、体中の様々な部分の成長に大きく関わります。

アルギニンがこれらの作用を持つことから、サプリメントが多く開発されているというわけです。

サプリメンとの画像

成長ホルモンは基本的には1日中分泌されていますが、その中でも夜寝ている間に最も分泌量が盛んになると言われています。

もしも成長ホルモンの分泌量が低下してしまうと、子供の身長はなかなか伸びないでしょう。

病院に行くと、成長ホルモンの分泌量を測定することができます。分泌されている成長ホルモンの最大数値を調べ、その量をみて、十分に分泌されているかどうかを判断します。

その結果に応じてアルギニンを使用した治療が施されることもあります。つまり医療としても、しっかりと認められているということになります。 もしも身長を伸ばす方法として、サプリメントを使用する場合には、いくつかの注意点があります。

お医者さんの画像

アルギニンの効果は医療でも認められているということがわかりましたが、この成分だけを摂取すれば成長ホルモンが分泌され、身長が伸びると思ってしまう人も多いでしょう。しかし医療とサプリメントは全くの別物です。医療で用いられるものとサプリメントに用いられるものでは、使用方法が異なります。医療で使用する場合には、注射で血液の中に投与するため、作用が直接働きかけられます。

一方のサプリメントの場合には、服用することで体内に取り込まれるので、医療用のものと比べると効果は低くなるでしょう。 もしも医療用のものを使用して、成長ホルモンを分泌させ、背を伸ばそうとした場合には、年間でなんと100万円から 700万円ほどの治療費が必要となります。

しっかり、食事で補いたいところですが、必要摂取量を食事でまかなえない場合は、サプリメンとを併用しましょう!

成長に有効的な成分を含む食材

カルシウム・・・牛乳などの乳製品、海草・小魚、小松菜・切り干し大根、ごま・豆腐・納豆他

マグネシウム・・・木綿豆腐・牡蠣・アーモンド・ほうれん草・大豆・落花生、カツオ他

ビタミンD・・・しらす干し、イワシ、すじこ、いくら、鮭、など魚介類に多く含まれる。

亜鉛・・・牡蠣、納豆、ホタテ、豚もも肉、豚レバー他

リン・・・トビウオ、イワシ、米、さば、カボチャ、小麦、いか類他

必須アミノ酸

イソロイシン・・・乳製品、たまご、大豆、ニシン、数の子他、魚介類に多い

ロイシン・・・乳製品、たまご、大豆、かつお、イワシ、サバ、小麦他、魚介類に多い

バリン・・・乳製品、たまご、大豆、数の子、トビウオ、サバ、イワシ他、魚介類に多い

ヒスチジン・・・かつお、イワシ、さば、トビウオ、まぐろ、大豆、たまご他、魚介類に多い

リシン(リジン)・・・トビウオ、乳製品、かつお、さば、いわし、たら、たまご、大豆他、魚介類に多い

フェニルアラニン・・・たまご、大豆、乳製品、ニシン、数の子、トビウオ、かつお、イワシ、サバ他、魚介類に多い

メチオニン・・・たまご、乳製品、さば、かつお、たら、トビウオ、イワシ、いか類、ホタテ類他、魚介類に多い

トリプトファン・・・たまご、にしん、数の子、大豆、乳製品、かつお、トビウオ、いわし他、魚介類に多い

※栄養成分はこればかりではありません。
※栄養成分表をご覧下さい。
文部科学省:食品成分データベースサイト
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl

身長を伸ばすストレッチ方法・運動

ストレッチで身長伸ばす!

背が伸びる可能性として、栄養素以外に考えられる方法としては、背を伸ばすためのストレッチや運動もとても大切な要因の一つと考えられます。

ここでは、背が伸びるための有効なストレッチ方法や運動方法をご紹介します!

個人差はあっても、この方法を努力して毎日継続するだけで、身長が伸びたという人もいるので、ぜひ実践してもらいたいと思います。

成長期の子供は、1年間の間に5センチ以上身長が伸びる時期があります。中には10センチ以上も 1年間で背が伸びたという子供もいるのです。

この時期にもしも筋肉が凝り固まっていたならば、身長の伸びが抑えられてしまう可能性があります。

さらに成長痛を感じる子供もいます。これは骨の成長に筋肉がついていけず、痛みが発生するもので、成長痛を防ぐ方法としては、日常的にストレッチを行い筋肉をほぐしておくことで、予防することができます。

ストレッチの画像

成長が止まった大人の背が伸びるケースとしては、体が丸まっているケースです。この場合にも、ストレッチを行い筋肉の緊張をとって、姿勢をよくすることを意識するだけで、背が伸びると言われています。

そのため姿勢の良さは子供にも非常に重要であることがわかります。

身長を伸ばすための運動としては、まず背伸びが挙げられます。

背伸びをして全身を一気に伸ばしてみましょう。

両手を組んで頭上に高く上げ、手と足が遠くに離れるように伸ばしていきます。

この時に体中に力が入らないようにリラックスをし、手と足を遠くに伸ばすことが重要です。

背伸びをする男の子の画像

次に胸のストレッチが挙げられます。猫背になりがちな人は、胸の筋肉が緊張状態にあります。

胸のストレッチを行い胸の筋肉の緊張を解いていくことが大切です。

やり方としては、両手を上で組んで、後方へ伸ばします。

※この時に背中が丸くならないように注意しましょう。

ストレッチをする女性の画像

手を後ろに遠くへ伸ばすことで、胸が外側へ引っ張られるので効果的です。

※30秒ほど維持すると良いでしょう。

ストレッチをする女性の画像

そして背中です。デスクワークやパソコン作業などで長時間同じ姿勢をつけていると、背中の筋肉がかたまり、コリを感じる人も多いでしょう。

そのため背中のコリをほぐすことが大切です。四つん這いの状態になり、お尻をかかとに向けて下ろしましょう。そのまま重心を後ろのほうへ移動させて、顔を床に近づけていきます。30秒ほどキープするようにしましょう。

毎日続ける事がとても大切です。

大人だけでなく、子供にもとても有効的な方法なので、家族みんなで楽しくストレッチをして、日々のストレスも解消しつつ身長を伸ばす運動を心がけて下さいね!

身長を伸ばすための睡眠方法

寝る子は育つとよく言いますね。その言葉の通り身長を伸ばすためには寝ることが重要になります。

なぜ重要なのかというと寝ている間に成長ホルモンが出る量が多くなるからです。

成長ホルモンは身長を伸ばすためには欠かせません。

なぜならこのホルモンはタンパク質を合成させ体の成長を助けるからです。

成長ホルモンをうまく分泌させる方法があります。

成長ホルモンは22時から26時の間に最も分泌されると言われています。

夜のイメージ画像

そして、睡眠で一番成長ホルモンが分泌されるのは寝て最初のノンレム睡眠です。
なので、この時間に熟睡していなければいけません。熟睡というのは言い換えれば質のいい眠りです。

22時から26時というのは一般的に寝る時間の統計によっての時間ですが、つまり、きちんと熟睡をしてからの時間を取れるかどうかという事が重要です。

質の良い睡眠を心掛けましょう!

質のいい眠りをするためにはいろいろとコツがあります。一番大事なのは眠る前の行動です。眠る前は脳に刺激を与えることはやめましょう!

スマホをする子供の画像

よくありがちな脳に刺激を与えてしまう行動にはスマートフォンやテレビ鑑賞などがあります。液晶画面が発する光には興奮作用があります。
そのために脳が覚醒状態になり眠れなくなったり、眠れたとしても熟睡には至れなくなってしまいます。また、交感神経を刺激することも避けた方がいいです。

眠る前にはしゃいだりすると交感神経が刺激されてしまいます。
また、お風呂なども身体が熱くなり交感神経が刺激されます。このような行動も熟睡の妨げになります。
お風呂は寝る1時間以上前に入っておきましょう!
お風呂の画像また、寝る直前にご飯を食べていると胃に未消化物が残った状態になるため、質のいい睡眠がとりにくくなります。快適な睡眠をとるためには寝具も重要になります。
まずは枕からです。寝る人の頭に合った枕を用意しましょう。

人によって高い枕や低い枕などの好みがあるので寝っ転がって気持ちいいと感じるものを探すといいです。

また、シーツは長い間取り換えていないと湿気がたまりやすいです。人間は水気がある物を気持ち悪いと感じてしまいます。

これは睡眠中でも変わらず感じる生理的不快感です。だから、シーツなどは適度に乾燥させましょう。寝床の広さも重要です。特に横に狭いベッドだと寝返りを打つことができないので熟睡ができません。 そして、寝る前と同じくらい重要なのが寝た後です。

ベッドの画像

寝た後に騒がしいと質のいい眠りをすることができません。テレビなどを消してから寝るようにしましょう。また、寝た後にとなりの部屋などで騒がしいと、途中で起きずとも気づかないうちに眠りを妨害していますので気を付けましょう。

身長を伸ばすためには自分に合った寝具で、寝る前に交感神経を刺激しないようにしてから寝てくださいね。

成長ホルモンって何?

古くからのことわざに「寝る子は育つ」というものがあります。現在では、このことわざの科学的な正確さが立証されています。人は寝ている間に成長ホルモンの分泌が活発になるからです。

このことわざにも示される通り、このホルモンは子どものころ、つまり幼少期から思春期にかけて、人の成長にとって非常に大切な役割を果たします。

この分泌量がピークを迎えるのが思春期の頃で、20代から低下してゆきます。しかし、大人になったからといってこの分泌が完全に停止することはありません。何歳になっても、人にとって引き続き大切な役割を果たし続けます。

この成長ホルモンは、人の体に直接的な作用を及ぼすケースと、間接的な作用を及ぼすケースがあります。間接的な作用というのは、このホルモンが肝臓などにはたらきかけてインスリン様成長因子(IGF-1)というものを分泌させ、それが人の体の各部に影響を与えることを言います。

集中する女の子の画像

このホルモン分泌量が減ってくると、やる気の欠如や疲労感の増長、また集中力の低下などといった影響が出てきます。

また、美容面での悪影響もあります。コラーゲンが生成されにくくなったり、筋肉量が減少したりして、肌の老化や皮膚の水分量低下、皮膚やせなどといった症状が現れるようになります。

しかし、成長ホルモンが果たす別の大きな役割は、身長を伸ばすなど、まさに人の成長にかかわるものです。特に子どもや若者であれば、しっかりした骨格形成や身長増大のために、このホルモンが体内で十分に生産されるよう気を配るべきです。

遺伝のお話

子供の身長には遺伝も関係していることもあります。

一例として遺伝からみる子供の身長予測計算サイトがありますので、参考までにやってみて下さい。

計算方法は、
男子= (両親の身長の合計+13)/2+2
女子= (両親の身長の合計-13)/2+2
と言われています。

CASIO計算サイト↓
http://keisan.casio.jp/exec/system/1372142265

しかし、遺伝が関係しているため、本人の努力ではどうする事も出来ないと思っている人も多いかもしれませんが、すべてがそんなことはありません。

少し前までアジア人、特に日本人は背が低いのは長年の遺伝によるもので、どうしようもないことであるという認識が多くありました。現在でも背の高さは遺伝で決まると信じている人はいらっしゃるでしょう。しかし研究では、背の高さが両親やその上の世代からの遺伝で影響しているのは約2割であるとわかっているのです。残りの8割は、栄養と睡眠、そして運動によって左右されるものであるということがわかりました。

ということは、遺伝で身長が伸び悩んでいると思い込んで諦めてしまっている方は、早急に、このサイトに掲載してある大切なもの。
つまり、

栄養素
運動
睡眠

を、より良いものにしていけば、身長を伸ばす事が出来るのです。

2016年の日本人の平均身長

日本人の平均身長は年々伸びており、それに伴って子供の成長を気に掛けている親も増加しています。

2016年の男女別の日本人平均身長ですが、
20歳から25歳の男性は172.2cm、女性は157.9cm、
26歳から29歳は男性は172.0cm、女性は157.8cm

子供の平均身長ですが男子の場合、
小学校1年生116.5cm
小学校3年生128.1cm
小学校6年生145.2cm
中学校1年生152.6cm
高校1年生168.3cmとなります。

女子の場合は、
小学校1年生115.5cm
小学校3年生127.3cm
小学校6年生146.7cm
中学校1年生151.8cm
高校1年生157.1cmとなります。

20年ほど前の平均身長と比較した場合ですが、約1cmから3cm伸びている計算になり、この数値は毎年右肩上がりで伸びています。
その理由として大きいのが食事の欧米化であり、たんぱく質の摂取、その上にカルシウムの摂取が上手くできているからです。
そもそも成長するために必要となるのが栄養素を考えた食事、睡眠、適度な運動と規則正しい生活が必要となります。

子供の画像

身長を伸ばす方法を考えた時に規則正しい生活は必ずしなければならないポイントになりますので、小さなお子さんを大きく育てたいと考えている場合は栄養素だけではなく全体的にみないといけません。しっかりと栄養素を摂取すれば年代別の身長を見れば分かるように成長期に入れば急激に身長は伸びていきますので生活の中で上手くサポートしてあげることが大切です。

身長サプリの評判は?

少し前までアジア人、特に日本人は背が低いのは長年の遺伝によるもので、どうしようもないことであるという認識が多くありました。

現在でも背の高さは遺伝で決まると信じている人はいらっしゃるでしょう。

しかし研究では、背の高さが両親やその上の世代からの遺伝で影響しているのは約2割であるとわかっているのです。

残りの8割は、栄養と睡眠、そして運動によって左右されるものであるということがわかりました。

ですから背が低い両親から生まれた子供でも兄弟の中で一人だけ身長が高い子供がいたりするのです。

そして、身長が高くなる理由のうち、睡眠は割合簡単です。成長ホルモンが多く出る夜の10時から12時の間に睡眠しているとそれはクリアなのです。

運動も、一般的な子供であれば小学校や中学校で体育の時間もありますし、運動系のクラブに入るなりするのであれば十分といえるでしょう。

遺伝は既に決まっていてどうしようもないものなので割愛するとして、残りは栄養です。現在の日本は飽食で栄養不足であることなどほとんどないのですが、問題はそのバランス。

何でもいいから食べていればいいというわけではないので、身長を伸ばすための方法として人気を集めているサプリはそこに着眼して製造されたのです。

色んなサプリがありますが、総じて口コミでの評価は高いとは言えません。

それはなぜかというと、例えば「カルシウム」をたくさん取れば身長が伸びるなど、間違った情報を前面に出して販売しているものが多いからです。

背が伸びるということは骨が伸びるということ。骨を作るのはたんぱく質であって、カルシウムではありません。

ですからカルシウムだけを押し出して販売しているサプリの口コミは「背が伸びたようには思えない」というものが多くなるのです。

マグネシウム、たんぱく質、カルシウム、コラーゲン、亜鉛などをバランスよく摂取する必要があり、成長期は普段の食事だけでは不足する栄養素があるので、それをサプリメントで補おうというイメージを持っていることが大切なのです。

運動や睡眠も人によっては質も量も違って来ます。たまたま栄養素だけの問題出会った場合は背が伸びることもあるでしょう。

ですからサプリの購入を検討するときには評価ではなくて含まれている成分から判断するようにしてください。そして中学生になるくらいまでは夜は9時には子供を寝かせること。

疲れきってしまうようなスポーツではなく、水泳やバレーボールなど伸びを意識する運動をやらせることです。